ワークショップ

降雪に関するレーダーと数値モデルによる研究 in長岡 (第18回)

JPCZ revisited

新着情報

2019年9月25日
降雪ワークショップ2019のご案内を掲載
2019年10月16日
プログラムを掲載

開催日時

2019年11月19日(火) -20日(水)

場所

防災科学技術研究所 雪氷防災研究センター 大会議室(新潟県長岡市)
 ⇨ 雪氷研ホームページ http://www.bosai.go.jp/seppyo/
長岡駅よりバスと徒歩で約30分です。詳細はアクセスをごらんください。

主旨

 昨冬から報道で“JPCZ”という言葉が見られるようになった。これはメソ気象学ではよく知られており、日本海寒帯気団収束帯(Japan Sea Polar airmass Convergence Zone; Asai 1988, 天気, 35, 156-161)である。JPCZは日本海中西部及び北海道西岸にしばしば発達し、静止気象衛星ひまわり画像で太い帯状雲として認識できる。通常その南西側に発達した積乱雲が連なり、それが特定の地域に上陸し続けると大雪となる。  JPCZに伴う雲のメソスケール構造は航空機、船舶、レーダー等を用いて調べられてきており、Murakami(2019, JMSJ, 97, 5-38)のFig. 15に鉛直断面の模式図が示されている。しかし、JPCZに伴う雲の実際のメソスケール構造は多様であり、地形の影響も事例毎に異なる可能性がある。JPCZ上陸地点の正確な予測は容易ではない一方、上陸し続けた場所では災害となることがしばしばある。JPCZの降雪過程、積乱雲の発達過程をできるだけ定量的に理解できれば、予測と災害対応力の向上につながると期待される。この点を念頭に置いた議論の場を提供したい。

プログラム 

Session I : JPCZ理解の現状(19日14時~)

  1. 「JPCZの関係する近年の大雪災害」
     中井専人(防災科研 雪氷防災研究センター)
  2. 「平地中心の大雪に関する予報現場における検討」
     鳥山泰宏(新潟地方気象台)

Session II : JPCZの関係する降雪粒子の特性(19日15時30分~)

  1. 「2018年北陸に大雪をもたらした降雪雲の雲物理特性に関する数値実験」
     橋本明弘(気象庁気象研究所)
  2. 「雲物理過程の改良とGPM衛星観測の再現」
     幾田泰酵(気象庁)
  3. 「長岡における冬期季節風時の降雪粒子・降雪結晶について」
     本吉弘岐(防災科研 雪氷防災研究センター)

Session Ⅲ : 水平シアー場における雲と渦の発達とその環境(20日9時20分~)

  1. 「JPCZの新潟県中部の降雪粒子種分布」
     山下克也(防災科研 雪氷防災研究センター)
  2. 「庄内地方における水平シア場の渦の高分解能レーダー観測」
     猪上華子(気象庁 気象研究所)
  3. 「日本海上の収束雲形成にかかわる総観場・循環場の特徴」
     本田明治(新潟大学)

総合討論(20日11時20分~)

構内見学(総合討論終了次第)

20日、ワークショップ終了後、希望される方を対象に職員による所内見学説明会を行います。 事前のお申し込みは不要です。
先頭へ

懇親会のご案内

11月19日のセッション終了後、長岡駅近くにて懇親会を開催致します。参加ご希望の方は11月13日までにページ末の「お問い合わせ」先までメールでお申し込みください。
先頭へ

アクセス

公共交通機関をご利用の場合

JR長岡駅東口6番のりばから「栖吉」行きバスで、「前山町入口」バス停で下車(約20分)。下車後徒歩にて約10分
  越後交通 乗り場案内・時刻表(長岡駅東口)
  ながおかバスi 長岡駅東口時刻表(栖吉線下り)
  ながおかバスi 前山町入口時刻表(栖吉線上り)

お車をご利用の場合

長岡ICより約25分
中之島見附ICより約20分
カーナビは電話番号 0258(35)7520 での検索をおすすめします。
さらに詳しいご案内は雪氷研ホームページをご覧ください。
先頭へ

ご注意

会場には食堂・売店・自動販売機がございません。また近くにもお店はありません。なお、飲み物につきましては、会場にて多少のご用意(コーヒー・紅茶・お茶)がございますのでご利用ください。

お問い合わせ

国立研究開発法人 防災科学技術研究所雪氷防災研究センター
住所 〒940-0821 新潟県長岡市栖吉町前山187-16
メールアドレス
  メールアドレス

先頭へ