2016年1月24日-25日の長岡大渋滞を引き起こした大雪

 2016年1月24日から25日にかけて、長岡を中心とした集中的な降雪により新潟県中越地方の交通が麻痺し、物流にも大きな影響が出ました。その時の降雪に関連する資料を掲載します。


○気象庁全国合成レーダーの動画
 降水強度と積算降水量
   色塗り: 10分間隔の降水強度(mm hour-1)
   等値線: 上記降水強度から求めた、1月24日0時(00JST)からの積算降水量(mm)

 降雪雲の渦が4個、その後に強い線状降雪雲がいずれも新潟県中越地域を通過し、長岡(図中赤丸)付近に降水が集中していたことが分かります。雪氷防災研究センターではこのような降り方を“集中豪雪”と呼んでいます。降水量の最大値は長岡付近で、2日間で100mmを越えています。ただしこの値はレーダー観測からの推定値であり、誤差を含んでいます。

 過去の顕著な集中豪雪の例としては、新潟県中越地震後に被災地を襲い、全損避難中の山古志村などで多くの家屋倒壊を引き起こした2015年2月の1週間×2回の降雪、鳥取県の国道9号で約1000台、JR特急などの立ち往生を引き起こした降雪2010年から2011年の大晦日から元旦にかけての降雪があります。後者の例は、今回の集中豪雪と同じ、JPCZ(日本海寒帯気団収束帯)と呼ばれる特徴的な気象場で発達した降雪雲によるものです。


yukibousaiサーバートップ
防災科学技術研究所 雪氷防災研究センターホームページ